The Japan Association of College English Teachers

2019

Last updated: November 15th, 2018

The 58th JACET International Convention (Nagoya, 2019)

Dates: August 28th (Wed.) – 30th (Fri.), 2019

Venue: Nagoya Institute of Technology

Gokiso-cho, Showa-ku, Nagoya, Aichi, 466-8555 JAPAN

Theme: Beyond ‘Borderless’: English Education in a Changing Society

Abstract:

‘A very little key will open a very heavy door’
(Charles Dickens, 1812-1870)

It is imminent that societal forces in one way or another have an impact on language education in general. In our contemporary society characterized by globalization and technology, there is an increasing movement among the various disciplines, nations, and cultures to transcend borders or boundaries. Under such circumstances, how can we accommodate and understand the fluidity and flexibility required to embrace diversity? How do we account for the tension created as we move from traditions and innovations, theory and practice, and even the academic sphere and business world?

The 58th JACET International Convention (Nagoya, 2019) will provide stimulating forum for researchers and practitioners to collectively rethink the directions and significance of current English language education in a world where the implications of borders and boundaries are controversial. For instance, in an era where AI robots are capable of human-like communication, what will be the role of human teachers? What are the issues and challenges in incorporating technology into our classrooms? Will there be changes in our communicative practices and interactions? The objective of the conference is to gather together to develop and share broad perspectives on English education in order to achieve the educational goals sought in this ‘trans’ paradigmatic world. The heavy door of the future awaits.

Keynote Speakers:

1. Dr. Akira Tajino (Nagoya University of Foreign Studies, Prof. Emeritus Kyoto University)

2. Dr. Angel Lin (The University of Hong Kong)

Inquiries: The JACET International Convention Organizing Committee
TEL: 03-3268-9686
e-mail:


大学英語教育学会(JACET)第58回国際大会(名古屋、2019)

日 程: 2019年8月28日(水)・29日(木)・30日(金)
会 場: 名古屋工業大学
〒466-8555 愛知県名古屋市昭和区御器所町

テーマ: 「ボーダーレス」の先に―変革する社会における英語教育

趣 旨:

「ほんの小さい鍵が重い扉を開けることだってあるのだ」
(C. ディケンズ 小池・石塚訳『ディケンズ短編集』)

社会の変革とともに発生する力学は教育全般に影響を与える。社会の変化はとりわけ言語教育に大きな影響を及ぼしてきた。経済発展の必然から始まったグローバル化は、現在の世界の常態となり、テクノロジーが急進する世界において、従来の枠組みを決定していた境界線は様々な場面で融解しているように見える。国境を越えた文化の滲出や、学問分野における学際的研究の進展はあらゆる面で「ボーダー」を曖昧にする。そのような世界にあって、英語教育に求められる流動性や柔軟性はどのように捉えられるべきだろうか。伝統と技術革新のせめぎあいから引き起こされる緊張や、学問分野における理論と実践、アカデミズムと現実社会の往来に英語教育はその方向性をどこに見出していくのか。

大学英語教育学会(JACET)第58回国際大会(名古屋、2019)は、このような境界の曖昧性が進んだ結果生まれつつある「ボーダーレス」社会の先を見据えた英語教育について考える機会を提供し、目指すべき方向性やその意義について研究者や実践者のためのフォーラムの場としたい。AIロボットが人間とコミュニケーションするようになり、近未来において、生身の英語教員の意義や役割は何なのか、教室でのテクノロジーの関わりや、コミュニケーションそのものの変容はあるのか。「ボーダーレス」の先にある ‘trans’ paradigmaticな世界の中における英語教育は、その小さな部分かもしれない。しかし「ほんの小さい鍵が重い扉を開けることだってある」のである。

基調講演者:

1. 田地野 彰(名古屋外国語大学・京都大学名誉教授)

2. Angel Lin(香港大学)

問い合わせ先: 大学英語教育学会国際大会組織委員会
TEL: 03-3268-9686
e-mail:

PAGETOP
Copyright © JACET All Rights Reserved.