The Japan Association of College English Teachers

2018

Last updated: August 5th, 2017

The 57th JACET International Convention (Sendai, 2018)

Dates:     August 28th (Tue.) – 30th (Thurs.), 2018

Venue:    Tohoku Gakuin University, Tsuchitoi Campus

1-3-1 Tsuchitoi, Aoba-ku, Sendai, Miyagi, 980-8511, JAPAN

Theme:   Assuring Quality Learning Outcomes in Primary to Tertiary English Education for Globalization

Abstract:

 The educational landscape of Japanese higher education is changing to meet the demands of increasing globalization. In terms of English language education, there has been a surge of cross-border education programs (e.g. study aboard) and a demand for English for academic and specific purposes. The acceleration of globalization also has ramifications at other levels of the English educational scene in Japan as exemplified by new initiatives in foreign language education at the primary level. Such changes have had a great impact on the conditions of English learning and teaching. For example, clear learning outcomes specifying communicative competence are strongly advocated, leading to curriculum reforms that promote a ‘teaching English in English’ policy in the secondary school context and EMI (English medium instruction) at the tertiary level. However, these changes have also raised numerous issues, ranging from the need for coherent English curricula from the primary to the tertiary levels, assessment of language programs, pedagogy options to teacher training, and professional development.

 The theme of the 57th JACET International Convention (Sendai, 2018) in Tohoku will examine how quality learning outcomes in English education can be ‘assured’ at all levels. We will explore how classroom practitioners, curriculum and materials designers, program administrators, policy makers, researchers, and academics can pursue or engage in activities to ensure that quality learning outcomes are achieved in educational programs. In this regard, it will be important for participants to discuss both ways to define quality learning outcomes and ways to measure learning achievement. We will not be looking for a single comprehensive solution but rather wish to identify and delineate the challenges at stake in promoting the achievement of quality learning outcomes in language education in our knowledge-based, globalized society. Valuing and respecting diversity, we invite all interested educators from around the world to come and join the discussion.

Keynote Speakers:

  1. Dr. Nobuya Itagaki (Prof. Emeritus Miyagi University of Education)
  2. Dr. Judy Tsutae Noguchi (Prof. Emeritus Kobe Gakuin University)

大学英語教育学会(JACET)第57回国際大会(仙台,2018)

日 程:    2018年8月28日(火)・29日(水)・30日(木)

会 場:    東北学院大学 土樋キャンパス

〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1

テーマ:    グローバル化に向けた初等英語教育から高等英語教育までの学習成果の質保証

主旨:

 日本の高等教育の教育情勢は拡大するグローバル化の必要に応じて変化している。英語教育に関しては、留学などの国境を越えた教育プログラムの急増、学術や特定の目的のための英語に対する需要がある。初等外国語教育における新たな取り組みに見られるように、グローバル化が加速することで、日本の英語教育の現場では様々な影響が出ている。このような変化は英語学習や指導の状況に多大な影響を与えてきた。たとえば、コミュニケーション能力に特化した明確な学習成果が強く主張され、中等教育における「英語は英語で教える」という政策や高等教育におけるEMI(英語を媒介とした授業)を促進するようなカリキュラム改革が求められている。しかし、これらの変化により、初等レベルから高等レベルまで一貫性のある英語カリキュラムの必要性、言語プログラムの評価、教授法の選択肢、さらには、教員研修や専門能力の開発にいたるまで数多くの課題が浮上している。

 東北で開催される大学英語教育学会(JACET)第57回国際大会(仙台,2018)のテーマは、あらゆるレベルにおいて英語教育の学習成果の質をどのように「保証」するかの検証である。このテーマの下、現場の教師、カリキュラムや教材の開発設計者、プログラムの運営管理者、政策立案者、研究者および学者が、教育プログラムにおいて質の高い学習成果を確実に上げるためには、どのようなことを行い、どう関わっていくべきかを探る。したがって、大会参加者にとっては、質の高い学習成果をどのように定義するか、学習到達度をどのように測定するかのいずれもが重要となる。ここでは単一の包括的解決を摸索するのではなく、むしろ、グローバル化した知識基盤社会の言語教育において、質の高い学習成果を促す際の争点を見極め明確化したい。多様性を認め、尊重しつつ、興味・関心を抱く世界中の教育者に議論に参加していただきたい。

基調講演者:

  1. 板垣信哉(宮城教育大学名誉教授)
  2. 野口ジュディー津多江(神戸学院大学名誉教授)
PAGETOP
Copyright © JACET All Rights Reserved.