The Japan Association of College English Teachers

Presidential Message

Message from the President

June 22, 2015Terauchi_sense

Dear JACET members and supporters, It is with great honor and excitement that I assume the position of the 8th President of The Japan Association of College English Teachers (JACET).

In 1962, JACET was established in a time of educational reform in order to improve the state of English language education. Those involved were strongly convinced of the need to solve college-level problems related to English language education so as to improve its teaching at all levels of the education system.

Six types of JACET activities are stipulated in Article 5 of the JACET Statutes (Teikan). Each activity is described in terms of its objectives, target, scale, publicity and expected results as follows:

First Activity:
Holding a national convention, seminars and other meetings for the presentation of theories of university education and language education as well as reports of practice results

Second Activity:
Publication of journals, bulletins, news and project reports

Third Activity:
Awarding JACET prizes to scholars associated with university education, academic associations and institutions

Fourth Activity:
Research and study of theories and practices of university English education and related language education

Fifth Activity:
Exchange of scholars with affiliate associations

Sixth Activity:
Other activities necessary to accomplish the objectives of this association

JACET consists of the Headquarters and seven chapters: Hokkaido, Tohoku, Kanto, Chubu, Kansai, Chugoku-Shikoku and Kyushu-Okinawa. The Board of Directors (Rijikai) includes one president, two vice-presidents, seven chapter presidents, seven chapter-appointed directors, three president-appointed directors and two auditors.

JACET is now officially affiliated with ten associations and institutions: AILA, IATEFL (UK), RELC (Singapore), KATE (South Korea), ETA-ROC (Taiwan), ALAK (South Korea), MELTA (Malaysia), PKETA (South Korea), CELEA (China), Thai-TESOL (Thailand) and JALT (Japan).

With over 2,700 members who share the common goal of improving English language education in Japan and wherever else this is necessary, JACET continues to progress and grow.

As the new president of this very active academic association, I will strive to do my best during my two-year term and look forward to working with you.

Sincerely yours,
Hajime Terauchi, Ph. D. President, JACET

平成 27 年 6 月 25 日

一般社団法人大学英語教育学会
会員各位

一般社団法人大学英語教育学会
会長 寺内 一(高千穂大学教授)

ご挨拶

平素は本学会の諸活動に対し、格別のご支援を賜りまことにありがとうございます。2015 年 6 月 21 日より一般社団法人大学英語教育学会(JACET)の第8代の会長職を拝命いたしました寺内一でござい ます。甚だ力不足を実感しておりますが、任期中(2017 年 6 月の社員総会まで)は一生懸命職務を全う する所存ですので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

1962 年の設立以来、本学会は大学をはじめとする高等教育機関における英語教育及び言語教育関連の、 研究・実践結果の発表の場の提供、大学教員の表彰、教育現場の調査研究を通じて、日本の大学英語教育 の改善及び英語教育に係る研究の発展に寄与することを目的として活動してまいりました(『一般社団法 人大学英語教育学会定款』第4条(目的))。そして、その『定款』第5条には、本学会が国内外で行う6 つの事業が定められております。
一 大学英語教育及び言語教育関連の研究理論の発表及びその実践結果の報告のための大会、セミ ナー等の開催

二 紀要、学会誌等の出版物の刊行

三 大学英語教育に係る研究者・学術団体・諸機関の実践活動に対する表彰

四 大学英語教育に係る研究者・学術団体・諸機関との協力

五 大学英語教育及び言語教育関連の理論及びその実践方法に関する調査・研究

六 前各号に掲げるもののほか、この法人の目的を達成するために必要な事業

これら6つの事業を実際に行っているのは、本部と7つの支部(北海道、東北、関東、中部、関西、中 国・四国、九州・沖縄)です。その事業の責任を担っているのが理事会です。理事会は、会長、副会長2 名、支部長(理事)7名、各支部選出の理事7名、会長指名理事3名と監事2名で構成されております。 また、本学会は、AILA、IATEFL(英国)、RELC(シンガポール)、KATE(韓国)、ETA-ROC(台湾)、 ALAK(韓国)、MELTA(マレーシア)、PKETA(韓国)、CELEA(中国)、THAI-TESOL(タイ)、JALT (日本)の国内外 10 学会と提携しております。

2,700 名を超える会員の皆様と共に、英語教育の改善と発展に寄与する学会として、次世代の人間の教 育に当たる責任と気概を持って活動して参りたいと思います。 最後になりましたが、会員の皆様の益々のご健勝とご発展を心より祈念しております。

PAGETOP
Copyright © JACET All Rights Reserved.